BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス※スマホ専用

今度の新作はちょいブス!?

エロ漫画なのになんでブス描くの!?

『人をダメにするちょいブス』

 

女に飢えた今日この頃。

リア充友達に合コンに誘われて出会ったのは。

 

平均よりも容姿の劣ったちょいブス。

だが、120点の敬体に下半身に血流を滾らせてしまい、

 

抱き心地最高の肉体に溺れてしまう!?

 

 

120点の艶体がいざなう色欲の罪に落ちたい方は画像クリックです♡

↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓

BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス※スマホ専用

いい感じのところで止まります(笑)

画像はトップページにも置いてますのでご確認ください♪

⇒トップページに行ってみる

 

 

 

祥子の本質。ダメになったたくみの答え

8話へ戻ってネタバレを確かめたい方はこちら

⇒8話に戻って確かめる

 

就職できずに大学を卒業したたくみ。

 

 

ニート一直線の紐男になり下がりました。

 

かつては気を使っていた髪の毛も、ぼさぼさに伸びっぱなし。

無精ひげも剃らず、

目つきは死んだ魚の眼…。

ではなく。

朽ちた魚のミイラの眼になりました。

 

 

祥子にすっかり依存し、家事もせず、バイトすらしない。

 

 

ですが、そんなたくみを、これまでと変わらずサポートする祥子。

 

 

文句や嫌味の一つも言ってもよさそうなのに、

祥子はいつも通りにニコニコと、献身的なのです。

 

 

たくみは泥の中で眠る様な快感の中、ようやく祥子が持つ本質に気付いていきます♪

 

 

それでは最後のネタバレをどうぞ♪

妊娠した祥子にたくみが感じたものは!?見事に思考が逆転!

昼間から酒を飲み、

服は脱ぎっぱなしで片づけもせず、

腹が減ったらただ祥子にご飯を作ってもらう…。

 

 

たくみは絵に描いたような紐男になりました♪

 

 

そんな紐男を見捨てず、変わらぬ愛情を注ぐ聖母のような祥子。

 

 

入社して仕事を覚えることも多く、疲れているはずなのに、

たくみを甲斐甲斐しく世話をします。

 

 

たくみの立場的に祥子の負担を減らそうという思考になってもよさそうなものの、

そんな気配はなく、

祥子の尻やおっぱいを見ては

股間を膨らませるセッ○スマシーンになったたくみ。

 

 

「こっち来い!」

祥子の黒パンストを破いてセッ○スを開始♪

 

 

「会社のオヤジどもにセクハラされてねぇだろうな?」

「なんでこんなに濡れてんだ!」

自分の所有物であるかのようにふるまうたくみ。

さらに祥子を淫乱と罵倒します。

 

 

ですが祥子はそんな横暴なたくみを拒否することなく、中出しを許し、

お掃除フェラをして、

 

 

何回戦でもたくみに付き合います。

 

 

停滞する思考の中、己を振り返るたくみ。

 

 

気付けば生活はセッ○スばかり。

 

 

頭では「これがダメだとは分かっている」が止められない祥子への依存。

 

 

たくみはここにきてようやく、

 

 

祥子の本性を知ります。

 

 

即ち、魔性

 

 

美人であったなら、相応しくなろうと、努力できた。

けれど、祥子は違う。

 

 

簡単にヤれて、簡単に捨てられる。

そんな『都合の良さ』が、逆に依存中毒という結果を生んだ。

 

 

(俺はもうだめだ)

 

 

自分を諦めてしまうたくみ。

 

 

そして朝になり、祥子をいつものように玄関から見送ります。

 

 

その視線はたくみに対する侮蔑は一切含まれておらず、

愛する者に送る視線。

 

 

部屋へ戻ろうとしたたくみの眼に、ゴミに出し忘れたゴミ袋が映ります。

 

 

ゴミ袋の口を持って捨てようとしますが、

中からとんでもないものが出てきてします。

 

 

綺麗な一本線が入った使用済みの妊娠検査キット

 

 

ほぼ2年近く、中に出し続ければデキるのも当たり前。

 

 

逆に妊娠しない方がおかしい。

 

 

ここでたくみ。

驚くべきことに、

 

 

「無職の俺に養えるわけがない」と正確な現状分析ができました。

続いて、さらに、

「逃げちまうか?」

 

 

本当に清々しいクズの思考を開始。

 

 

良からぬ考えですが、

ここにきて、快楽のために生きてきたたくみ。

 

 

この考えを見事に逆転させます。

 

 

妊娠した祥子にたくみが感じたもの。

 

 

それは祥子をブスだと思わないことでした。

 

 

これほど優しく受け止めてくれる女はいない。

 

 

かつての自分に別れを告げるのです!

 

 

ネタバレはここまで。

エンディングはチンジャオ娘の秀逸な台詞回しをぜひ読んでみてください!

 

人をダメにするちょいブス 読み終えた感想

面白かった!

さすがはチンジャオ娘の作品でした。

画として、確かに当初はちょいブスとして描かれていましたが、

話が進むにつれ、段々、『女は恋をすると可愛くなる』という画になっていきました。

 

ストーリーの方もたくみが祥子にどこまでもハマっていき、

「人をダメにする」という流れがしっかりと描かれており、

このタイトルテーマに対して、どんなエンディングにするのかとワクワクしながら読めました。

見事な発想の転換と幸せに笑う祥子とその赤ちゃんのエンディングは感動すらしましたね♪

 

このネタバレサイトでストーリー自体は分かるように書いてきましたが、

チンジャオ娘の筆記力にはまったく敵っていません。

 

ぜひとも、本編を読んでみてください!

 

損は無い名作と言えます♪

 

 

トップページへ戻る方はこちら

https://beykozvakfi.org/トップページ

 

120点の艶体がいざなう色欲の罪に落ちたい方は画像クリックです♡

▽▼ちょいブスとエッチしたい方は画像をクリック▼▽

♪画像をクリック♪

BookLiveコミック【AC】人をダメにするちょいブス※スマホ専用

ちょいブス】で検索してまずは無料試し読み。